長文問題では、熟語・構文・接続語句の確実な習得によってしか、次に続く話の展開が予測できません。「話の予測」は内容の理解に必須であり、スピードアップにもつながります。皆さんが日本語の文章をスラスラ読めるのは「予測」ができるからです。日本語の文章なら、多少の知らない漢字や四文字熟語があっても内容は捉えられますよね。それはすでに日本語の語句・構文・接続語句の十分な知識があるからです。いくら読んでも内容が頭に残らないという人は、分からない箇所にこだわってしまって「先を見通すこと」つまりあらすじの把握ができていないのです。

以上のことを踏まえて具体的対処法を述べます。提案ではなく実践事項です。

1.単語・熟語は書きながら、音読を覚えられるまで繰り返す。(音読は英語学習の単調さを防ぎつつ、発音問題を得点源にすることができる。発音出来ない単語は、記憶に残りにくく、リスニングテストに役立ちません。将来の会話に使えないのは非常にもったいない)

2.センターレベルの試験がまだ少し難しく感じるならば、それより少し易しめの長文問題を多読する。(速読・多読は長文読解にとても役に立つ)

3.リスニング対策(実は長文対策でもある)に、NHKラジオ講座の「基礎英語3」 「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」 「ラジオ英会話」のうちのどれかまたはすべてを聴く。

それでは、皆さんの実りある英語学習を祈りつつ  (英語担当)

───・───・───・───・───・───・───・───
数英セミナー
電話番号:052-703-6285
営業時間:17:00~21:30
住所:名古屋市名東区一社2丁目65 第二タイコービル1F

名古屋市名東区で大学受験・医学部受験の学習塾をお探しなら
一社駅にある「数英セミナー」へ
低料金プランで質の高い授業を生徒にあわせて個別指導いたします。
───・───・───・───・───・───・───・───