小さい子供がはしを使い始めるとき、正しい持ち方をするために「しつけばし」というものがあります。鉛筆をもって書き始めるとき、しつけ鉛筆というものがないかと冗談を言ったら、どうもこれがあるらしいのです。

塾生を見ていると、鉛筆の握り方もいろいろで、中にはぐーで握りしめて字を書いていたり、鉛筆の先が目線の延長線上になく鉛筆自体が自分の身体の方に向いている高校生もいます。

このような持ち方をすると自分で書いた字が自分の手でかくれて書いた字が見えません。のぞき込むようにするので姿勢が悪くなります。
又、鉛筆が自由に動かないので手首を動かさずに腕を動かしながら書く生徒もいます。
今後のことを考えれば矯正した方が良いと思うのですが、高校生ともなると
今更変えようとしても書くスピードが遅くなるので学習に支障をきたしてしまいます。

もしこのブログを読んでくださっている方に小学生、中学生のお子様がいらっしゃる場合は是非鉛筆の握り方に注意してあげてください。

 

───・───・───・───・───・───・───・───
数英セミナー
電話番号:052-703-6285
営業時間:17:00~21:30
住所:名古屋市名東区一社2丁目65 第二タイコービル1F

名古屋市名東区で大学受験・医学部受験の学習塾をお探しなら
一社駅にある「数英セミナー」へ
低料金プランで質の高い授業を生徒にあわせて個別指導いたします。
───・───・───・───・───・───・───・───