(1)で書きましたように、これまで以上に長文に慣れること、さらに読解力、表現力が要求されます。

最近はスマホによるライン等で短い文しか書かないことが多く、しかも話し言葉が多いので論理的な数学の答案を作ることが大変苦手なようです。
◎説明のない式の羅列
◎その式が成り立つための条件を示さない
(問題文に書いてあるから必要ないと主張)
◎接続詞がおかしく、上の式と下の式のつながりがわかりにくい

◎自分がわかっているから相手もわかるだろうと説明をはしょってしま
う。
等々

中学では計算さえ合っていれば良いという答案(一部を除いて)だったのでプロセスが大事だという答案作りになかなか慣れないようです。

数英セミナーでは記述のきちんとした答案を書くところまで指導をしています。

 

───・───・───・───・───・───・───・───
数英セミナー
電話番号:052-703-6285
営業時間:17:00~21:30
住所:名古屋市名東区一社2丁目65 第二タイコービル1F

名古屋市名東区で大学受験・医学部受験の学習塾をお探しなら
一社駅にある「数英セミナー」へ
低料金プランで質の高い授業を生徒にあわせて個別指導いたします。
───・───・───・───・───・───・───・───