結局共通テストの記述問題は見送られることになりました。
これは良かったのか悪かったのか

確かに受験生は振り回されましたが、記述テストが導入されることになってから学校での指導は明らかに変わりました。
今まで何度言っても解答を作るときプロセスをきちんと書かずあちこちに計算をして答をポンと書く、あるいは説明なしに単なる数式の羅列という高校生が多かったのですが、初めての共通テスト世代、つまり現在の高二生、高一生は答案を作るときに、ここはどんな説明をつけたらいいのか、自分の説明はこれで良いのかと講師に聞いてくるようになりました。
これは本当に素晴らしいことです。
プロセスをきちんと示すこと、自分の言葉で説明を書くこと、これは自分の頭の中を整理して論理的な思考を育てる上で大変重要なことです。
さらに数学に限らずこれは他教科においても、又今後勉強に限らずこれから
大人になって生きていく上でも大変役に立つと思います。
確かに採点の基準が一致しないので現在の受験体制では無理がありますが、それは別として、記述問題がなくなったからとまた以前と同じ状態になることのないよう願っています。

───・───・───・───・───・───・───・───
数英セミナー
電話番号:052-703-6285
営業時間:17:00~21:30
住所:名古屋市名東区一社2丁目65 第二タイコービル1F

名古屋市名東区で大学受験・医学部受験の学習塾をお探しなら
一社駅にある「数英セミナー」へ
低料金プランで質の高い授業を生徒にあわせて個別指導いたします。
───・───・───・───・───・───・───・───