けっこう知られている話だと思います。

働きアリの社会では2割が良く働き6割がふつうに働き残りの2割はぼーっとしたり体をなめたりしてさぼっているそうです。
面白いことにここからよく働くアリを除くと、その残りのアリの総数がまた
2:6:2に分かれるそうです逆に、よく働くアリばかり集めても2割は働かなくなるそうです。さぼっているアリは仕事量が増えると、今まで働いていたアリが疲れると代わりに働き始めるとか。それも誰から命令されるわけでもなく。
いろんな学者が研究しているようですが、さぼっているアリを除くのはなかなか大変な作業だと変なところで関心してしまいます。
又、研究によっていろんな説があるようです。さぼっているアリで結局一生さぼっているものもいるという説。大馬鹿なアリは皆の列から外れて働か

ずにあちこち勝手に動き回るので、その結果新しい獲物をみつけることもある。だからこんなアリも必要なのだという説。
確かにアリの行列を見ていると列から外れてウロウロしたりのんびり体の手入れをしたりしているものがいます。興味深いですね。

───・───・───・───・───・───・───・───
数英セミナー
電話番号:052-703-6285
営業時間:17:00~21:30
住所:名古屋市名東区一社2丁目65 第二タイコービル1F

名古屋市名東区で大学受験・医学部受験の学習塾をお探しなら
一社駅にある「数英セミナー」へ
低料金プランで質の高い授業を生徒にあわせて個別指導いたします。
───・───・───・───・───・───・───・───